Mercedes Benz190E2.6 SPORTLINE

SOLD OUT!! <<売約済 ご契約有難う御座いました!>>
Category メルセデスベンツ190E2.6スポーツライン
年式 1991年
スモークシルバー
車検 平成23年7月
備考 A/T フル装備 純正AW スポーツシート 取説
走行 64700Km
通常価格 00
キャンペーン価格
ご成約有難う御座いました

190E(コード:W201)は、1982年に発表されたコンパクト・クラス(広義)である。既にW123モデルがコンパクト・クラスと呼称されていたので、190Eはコンパクトではない。そのW123のベーシックモデルに200/200Eが存在した為、コンパクトよりも小型だという意味で190となった。日本への正規輸入は1985年である。バブル期と相まって(並行車も含め)大量に輸入販売され、街に氾濫した事からBMW3シリーズ(E30系)の「六本木のカローラ」同様、「小ベンツ(こべんつ)」と揶揄された。190EはCクラスの源流となった。

1989年190E 2.6に右ハンドル車を用意。

190Eおよび190E 2.6にスポーツライン登場。スポーツシートやリアスポイラーが装備された。

BMW

SOHCエンジン、2597cc、165馬力190シリーズ唯一の直列6気筒エンジン搭載車。開発段階で相当を意識したエンジンだけあって大変官能的であり、隠れた名車でもある。
 

 

 

 

 

今回Blessに入庫したこの車輌4年弱前にBlessで当時12000Km弱の走行距離で

お客様に納めさせて頂いた車両で今回戻って来ましたが今まで乗っていたお客様の

管理・整備が非情に良くとても良い状態を保っています。

泣く泣く手放さなくてはいけない環境下におかされ今回Blessに戻って来ました!

当然整備・車検等々はBlessでやってきたので今までの経過や整備状態など

全て分かっていて素性の確りした車輌と言えるでしょう!

W201唯一の6気筒モデルですので余裕の走りとスポーツラインならではの

足回りのスポーティな感じと前後共にホールド性に優れたバケットタイプシートの

おかげで通常モデルとは違うとてもスポーティな走りをします。

現在程度の良いW201は非情に少なくお目に掛かる事が少なく成って来ています!
 

こちらの車両に関するお問い合わせはこちら

ページ上部へ